top of page

【掲載情報】朝日新聞記者サロン「Think Gender 女性の『生きづらさ』解消するには コロナ禍の今がチャンス?」野田聖子女性活躍担当相出演回にて「親のがっこう」を取り上げていただきました


朝日新聞名古屋本社で収録され、18日に配信されたオンライン記者サロン「Think Gender 女性の『生きづらさ』解消するには コロナ禍の今がチャンス?」。野田聖子女性活躍担当相がVTR出演し、女性への家事育児負担の偏りの背景と解決策が語られました。この回での取り組み事例のひとつとして親のがっこうが取り上げられました。


Think Gender では、男女格差が156カ国中120位の日本という現状に対し、この社会で生きにくさを感じているのは、女性だけではないとして、性別に関係なく平等に機会があり、だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして、ジェンダー〈社会的・文化的に作られた性差〉について、一緒に考える機会を提供しています。


■配信日 :2022年3月27日

■タイトル:Think Gender 女性の『生きづらさ』解消するには コロナ禍の今がチャンス?

野田女性活躍相「休業って言葉やめよう」 負担の偏り、解決策語る


留言


プログラムは90分のオンライン講座です

​令和版両親学級・全2回の出産準備プログラム

お申込みはこちらから

初回(前編)講座 受講料

​3,500

Instagram

夫婦ワンチームで子育てする

方法を発信中!

bottom of page